実績の有無も選び方のポイント

実績の有無もコンテンツマネジメントシステムを選ぶ際のポイントになります。コンテンツマネジメントシステムは当然プログラムで構成されています。例えばphpなどです。プログラムで設計されているので、もしコンテンツマネジメントシステムを作った人がミスをしている場合、バグが発生する可能性があります。バグが発生すると使いたい機能が正常に動作しなかったりするので、制作や管理に影響を与える可能性があります。

バグもし導入実績を見れば既に利用している人の意見などを聞くことができます。そのため、製品にバグがないかや使いやすいかどうかを購入前に知ることができる可能性があります。また、導入実績が多いところを選ぶことでその製品を使用している企業が個人が多いということになります。使用している人が多いことで安心感を得ることができる人も少なくないでしょう。

導入実績を知るためには販売している企業のホームページや商品紹介ページで知ることができます。今購入を検討している製品それぞれのホームページにアクセスして、導入実績を比較しコンテンツマネジメントシステムにバグなどの問題が発生しないところや、導入している数が多いところを選択してみてはいかがでしょうか。

参考サイト…コンテンツマネジメントシステム「vibit CMS Neo」

機能も選ぶ際のポイント

前ページでは、UIについて触れましたが、コンテンツマネジメントシステムを選ぶ際のポイントは機能になります。それぞれのコンテンツマネジメントシステムで使用できる機能は異なり、自分が使いたい機能がない製品を選択すると制作時間や管理に影響を与えることがあります。

スマホ一般的なコンテンツマネジメントシステムには様々な機能が搭載されているので、予めどのような機能があるのか知っておくと選ぶ際に参考にできます。例えば機能の一つにマルチデバイス対応の機能を挙げることができます。現在、サイトを閲覧できる端末はパソコンに限られたことではありません。例えばスマートフォンやタブレットなど様々な端末でサイトにアクセスすることができます。もしマルチデバイス機能が搭載されていないとそれぞれの端末に合ったページを作成しなければなりません。しかし、マルチデバイス対応可能なコンテンツマネジメントシステムを選択することで一つのページを作成すれば全ての端末に対応ができるので、作成や更新にかかる時間を短縮できます。

その他にもコンテンツマネジメントシステムによってはSNSと容易に連携できる機能や、一括でページ編集ができる機能などもあり、機能によって制作や管理がスムーズになるためコンテンツマネジメントシステムを選ぶ時に機能を検討することはポイントの一つになります

選び方のポイントはUIのわかりやすさ

コンテンツマネジメントシステムの選び方のポイントはUIがわかりやすいかどうかです。UIとユーザーインターフェースの略称で、UIがわかりやすいと結果的に使いやすいコンテンツマネジメントシステムになるケースが多いです。特にウェブに関する知識が少ない人が通販サイトやホームページ制作をする時に複雑なUIのコンテンツマネジメントシステムを使用すると普段から慣れていないので使い方がわからなる可能性があります。

UI基本的に制作する時だけでなく、運用をするケースが多いです。例えばホームページであればトピックスを公開している企業があります。トピックスは定期的に情報を公開するのでページを追加して公開しなければなりません。通販サイトにおいても新商品などが加入すればページを作成したり、更新をして新しい商品が入荷したことを利用者に知ってもらおうとする運営者が多いです。更にブログにおいては定期的に投稿ページを公開して新しい情報を配信し続けなければなりません。このようにサイトは作成だけでなく運用して管理するケースが多いので、もしコンテンツマネジメントシステムのUIがわかりづらいと更新や管理にも手間がかかることになります。

そのため、UIがわかりやすいものを選択すれば作成や管理の負担を少なくできます。

コンテンツマネジメントシステムを選びのポイントについて

コンテンツマネジメントシステムコンテンツマネジメントシステムは現在日本にはたくさんあります。コンテンツマネジメントシステムを導入することで通販サイトやホームページ、ブログを作るとき、手間をあまりかけることなく作成が可能です。例えば通販サイトを作成すればそのサイトで自社が扱う商品を販売してサイトから利益を得ることが可能です。また、ホームページを公開すればどのような商品やサービスを扱っている企業なのかを多くの人に知ってもらうことができ、企業の中には既にホームページを所有しているところは少なくありません。ブログは個人が所有して日頃の出来事などを公開するサイトというイメージを持つ人もいますが、現在では様々な使われ方をされています。例えば投稿ページに広告を貼りそこで利益を得たり、情報を配信してそのページを見た人が自社ホームページにアクセスしてくれるように誘導するツールなどにも活用できます。

通販サイトやホームページ、ブログを所有することで最終的に利益に繋がることもありますが、当然制作をするためにはウェブに関する知識が必要になります。また、制作だけでなく運用をすることになるので、定期的にページを公開したり、新しい情報を伝えるためにページを更新する機会もあります。もしコンテンツマネジメントシステムを導入していなければこれらの作業に時間がかかりますが、導入をすればウェブの知識が少ない人でもサイトを制作することでき、更に更新などの手間も少なくできます。

このように導入によりメリットがたくさんあるので、コンテンツマネジメントシステムの導入を検討している人も少なくないでしょう。しかし、種類はたくさんあるので、今回はコンテンツマネジメントシステムの選び方のポイントを紹介します。